電子デバイス

ゲート絶縁膜のないFET



<目次>

1.はじめに
2.接合型FET
3.MESFET
4.HEMT


1.はじめに

 MOSFETあるいはMISFETと違ってゲート絶縁膜のない電界効果トランジスタ(FET)もあります。この部類に属するトランジスタにはいくつか種類がありますが、それらのいくつかを取り上げてみることにします。

 FETは真空管を固体(半導体)素子で置き換えるために素直な考え方から生まれたと言えます。真空管ではカソードから飛び出してアノードへ向かう電子の流れを途中でコントロールしています。FETでは半導体中を流れる電子をやはり途中でコントロールします。

 なお、真空管ではあり得ませんが、FETでは正孔(ホール)の流れを使うこともあります。ただしFETでは流れる電荷は電子か正孔かどちらか一方です。ここが両方が関与するバイポーラトランジスタと違うところで、最近はあまり使われませんがユニポーラトランジスタと呼ばれたのはこのためです。

 このようなFETのなかで、接合型FET(JFET)と呼ばれる種類はMOSFETより早く実用化されました。ショックレー自身も最初はJFETのアイデアから出発しています。ここではJFETから始めて、その他のゲート絶縁膜のないFETをいくつか紹介します。