知的財産権

特許の調べ方


<目次>

1. 特許電子図書館の使い方
 (1)アクセス方法
 (2)使い方
    a.特許・実用新案公報DB
    b.特許・実用新案文献番号索引照会
    c.公報テキスト検索
    d.特許分類検索とパテントマップガイダンス
    e.特許・実用新案検索のまとめ
    f.経過情報
2. 外国特許の調べ方
 (1)特許電子図書館(IPDL)
 (2)esp@ce-net


1.特許電子図書館の使い方

(1)アクセス方法

 日本の特許はそれを管轄する日本特許庁が完璧なデータベースを作り、一般に公開しています。このデータベースにアクセスするには、独立行政法人、工業所有権情報・研修館が運営している「特許電子図書館(略称:IPDL)」を使います。URLはつぎの通りです。

http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl

また、その他の日本の特許制度などについては特許庁のホームページを調べるのがよいです。URLはつぎの通りです。

http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

 特許庁のホームページと特許電子図書館は相互にリンクしています。特許庁ホームページのトップページからは「資料室」→「特許電子図書館トップページ」とクリックすれば特許電子図書館に行けますし、特許電子図書館のトップページには特許庁ホームページへのリンクボタンがあります。
 この特許電子図書館の利用は無料です。また何の登録もなしで特許を検索し、公報をダウンロードできます。検索ツールの機能に不満があったり、混み合って時間がかかったりすることもありますが、無料公開ですのでやむを得ないでしょう。


(2)使い方

 さて、特許電子図書館に入ってみましょう。トップページにはたくさんのメニューが並んでいます。特許庁が審査し、権利を与えている工業所有権には特許の他に、実用新案、意匠、商標があります。これらすべてについて特許電子図書館で調査することができますが、ここでは技術開発に直接関係する特許だけについて、調査方法を説明します。



 主に使用するメニューは左側2番目の「特許・実用新案検索」というグループです。ここにカーソルをもっていくとさらに13種類のメニューが現れます。またはここをクリックすると新たなページが開き、簡単な解説が付いた13種類のメニューが現れます。使うメニューをクリックして選びますが、目的によってどれをつかったらよいか一つずつ説明していきます。